ニキビ治す方法

ニキビ治す方法、私の成功した事例

10代の時にさんざんニキビで悩まされ、ホッとしたのもつかの間!

 

 

20代後半でまた頬ニキビができてしまいました。それも、額以外に、背中が首などに出てしまっています。

 

最近、仕事場で部署が移動になったことで、仕事も慣れていないとあって、もう身体の中がストレスでいっぱいになってしまっています。

 

そこで、私が何とこのニキビを治した方法(1週間で改善)させることに成功した極秘を暴露しちゃおうかと思います。

ニキビ治す方法〜ニキビの原因

私は赤ニキビ治す方法としてまずは、ニキビの原因から学習することにしました。

 

10代にできる思春期ニキビはホルモンバランスによるものなので、ホルモンが安定する年齢になることで治ってくれます。なので、基本的なスキンケアやニキビができやすい食べ物などを控えるようにケアしていけばいいのですが、大人ニキビはかなり厄介なニキビなんですね。

 

今回私が代表的のように、ストレスなどが原因してきます。

生活の中でのストレスや生活習慣の乱れなどによって、肌の代謝に乱れが起こってニキビを作ってしまうのです。

 

肌代謝のターンオーバーは28日周期で定期的に行われています。
これによって、古い角質層などが垢などという形に変えて外へ排除されていき、新しい肌細胞に生まれ変わってくれますが、このターンオーバーに乱れが起こってしまうことで、古い角質層が外へ排出されずに蓄積されてしまい、角質層も厚みを帯びてきますので、毛穴に詰まりが生じて、そこが炎症を起こしてニキビと言う形で現れるんですね。

 

 

このような事からもお分かり頂けると思いますが、大人ニキビの原因は、生活習慣の乱れが主な原因となります。ストレス・疲労・睡眠不足・栄養バランスの崩れた食生活・運動不足そして、女性の場合は女性ホルモンの乱れや生理なども大人ニキビの原因となってしまいます。

 

大人ニキビの厄介な部分は、決して1つの原因で起るのではなく、これらの原因が複雑に絡み合って大人ニキビが起こってしまうことなんですね。

 

大人ニキビ治すためには、まずは正しい方法でのスキンケアを始めとして栄養バランスを考えた食事の摂取や定期的な運動を含めた生活習慣の見直しを行って規則正しい生活習慣に改善していくことなんですね。

ニキビ治す方法〜大人ニキビを予防するスキンケア法

次にニキビ治す方法として重要となってくるのが、大人ニキビを予防するスキンケアの方法です。
そこで、私が行ったニキビスキンケアについてお話ししていきたいと思います。

 

 

ニキビ治す方法としては化粧品選びもとても重要になってきます。

 

乱れた肌のターンオーバーを正常化するためには、やはりニキビ専用の化粧品を使ったケアが一番いいと思いますよ。

 

思春期ニキビのように正しい洗顔をしておけば大丈夫!っていうレベルではありませんからね。

 

 

まずは、肌代謝を整えていくためには、通常のケアにプラスして、スクラブやピーリング洗顔料での洗顔を加えてあげるととても効果的ですよ。要は定期的な角質ケアを行う事です。

これはあまり頻繁に行いすぎますと、肌に刺激が加わってしまうほで、週に1回程度でいいですね。
その際には、肌にできるだけ刺激の少ない成分が配合されたスクラブ剤を使って、優しい洗顔を行っていきましょう。

 

洗顔後の化粧水ですが、たっぷりお肌につけて保湿しておきましょう。べた付き感を嫌うかたはさっぱりタイプを選んでくださいね。

 

 

ちなみに、ニキビケア化粧品の場合、よくトコフェロール、甘草フラボノイド、ローズマリーエキス、キウイエキスなどといった成分がが配合されていますが、これらの成分は 血行促進作用に効果がある成分です。

 

その後の仕上げの美容液ですが、どうしても油分が含まれていますのでオイリーっぽさを嫌う方がいますが、肌に柔軟性を与え、毛穴の詰まりを防御してくれる働きを持っていますので、美容液はやはり付けてケアしてくださいね。

 

 

また、メイクもできるだけナチュラルな成分のものを使用して、肌に刺激を与えない事です。
今とても話題になっています「ミネラルファンデーション」は大人ニキビ肌にはおすすめです。

 

肌への負担も少なくとても軽いファンデーションです。
通常のファンデーションのように毛穴を塞ぐこともありませんからね。お粉のタイプのミネラルファンデーションなら、クレンジングなしで洗顔だけでメイクオフができるくらいなんですよ。